常に求められるより良い攻略法

マーチンゲール法の欠点をカバーした攻略法

マーチンゲール法は一度の勝利で損失を回復できるという特徴から、オンラインカジノのみならず実際のカジノでも多く使用されています。
しかし、マーチンゲール法は連敗するにつれてベット額が大きく上がっていくので、初回のベット額をセーブしておかないとすぐに資金を食い潰してしまうことになります。

マーチンゲール法は8連敗で初回のベット額の100倍以上のベットをする必要があります。
仮に初回のゲームで100ドルをベットしたとすると、8連敗すると10000ドル以上のベットが必要となってしまいます。

更には、オンラインカジノには各ゲームごとにベット額の上限が設けられています。
このベット額の上限はベットリミットと呼ばれ、大体のゲームは300ドルから500ドルをベット額の上限としています。
マーチンゲール法を使用する場合はこのベットリミットを資金と同じくらい強く意識する必要があります。
よくよく注意し、事前にシミュレーションも行っておかないと資金を守るはずの攻略法で軍資金全てを失ってしまう可能性があります。

ココモ法はそうしたマーチンゲール法の欠点を上手くカバーした攻略法です。
一回の勝利で損失分を一気にひっくり返し利益を得られるという点は同じですが、ベット額は緩やかに上がっていくので連敗する確率から考えると、マーチンゲール法のようにベット額が初回ゲームの数百倍と大きく上昇することはまずないと考えて良いでしょう。

また、ココモ法は一度の勝利で得られる利益に関してもマーチンゲール法よりも優れています。
マーチンゲール法はどのタイミングで勝利しても得られるのは初回ゲーム分のベット額のみです。
1ドルでスタートした場合、2連敗し3回目のゲームで勝った場合も、6連敗し7回目のゲームで勝った場合も同じく利益は1ドルとなります。

ココモ法の場合は、連敗の回数が多くなるほど勝った時に得られる利益も大きくなりますので、負けないということだけではなく、しっかりと稼ぐこともできます。

実際のココモ法の使い方

ココモ法は勝率3分の1のゲームで有効な攻略法なので、ルーレットのダズンベット、カラムベットに使うことができます。
ダズンベットというのは、1から36までの数字を12ずつ3等分した枠にベットする方法で、カラムベットというのは、1から36の数字を3列に分けた枠にベットする方法です。
もちろん勝率3分の1ということは得られる利益はベット額の3倍です。
マーチンゲール法は勝率2分の1のゲームが対象だったので、この勝率の差が得られる利益の差に繋がっています。

ココモ法は2連敗した時点から始まります。

1回目、2回目のゲームでは1単位をベットします。
できることならば資金に余裕を持っていられるようにミニマムベットから始めることをおすすめします。

2連敗し、3回目のゲームでは前のゲームとその前のゲームのベット額を足した額をベットします。
3回目のゲームの場合ですと、1回目、2回目のベット額を足した2をベットします。
3回目のゲームで負けた場合の損失の累計は-4、勝った場合の利益は2となります。

この法則に従って進めた場合、
4回目のゲームでは2回目と3回目のゲームのベット額を足した3をベットします。
4回目のゲームで負けた場合の損失の累計は-7、勝った場合の利益は2となります。

5回目のゲームでは3回目と4回目のゲームのベット額を足した5をベットします。
5回目のゲームで負けた場合の損失の累計は-12、勝った場合の利益は3となります。

6回目のゲームでは4回目と5回目のゲームのベット額を足した8をベットします。
6回目のゲームで負けた場合の損失の累計は-20、勝った場合の利益は4となります。

7回目のゲームでは5回目と6回目のゲームのベット額を足した13をベットします。
7回目のゲームで負けた場合の損失の累計は-33、勝った場合の利益は6となります。

8回目のゲームでは6回目と7回目のゲームのベット額を足した21をベットします。
8回目のゲームで負けた場合の損失の累計は-54、勝った場合の利益は9となります。

9回目のゲームでは7回目と8回目のゲームのベット額を足した34をベットします。
9回目のゲームで負けた場合の損失の累計は-88、勝った場合の利益は14となります。

以上のような結果になります。

マーチンゲール法の場合ですと10回目のゲームでは512をベットする必要があるので、ココモがどれだけマーチンゲール法よりもベット額の上昇を抑えられるかがわかるでしょう。

ココモ法を使用する上で知っておくべきこと

ココモ法は勝率3分の1のゲームに使用できる攻略法です。
勝率3分の1と2分の1の間には大きな差があります。
勝率2分の1のゲームの場合は勝つか負けるかのどちらかなので思っている以上に勝つことができます。
しかし、これが勝率3分の1となると思っている以上に勝つことができなくなります。

勝率2分の1のゲームに使えるマーチンゲール法の場合10連敗する確率は0.1%以下となりますが、ココモ法で10連敗する確率は1.73%とマーチンゲール法の場合よりもずっと高くなります。

マーチンゲール法ですと5連敗することも少ないですが、ココモ法の場合は5連敗くらいは当たり前のようにしてしまうので、そうした負けやすいという点をよく理解した上で使用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です