エコペイズのアカウント開設と維持手数料

エコペイズは国際的なオンライン決済サービスで、アカウント作成手数料無料、年会費無料で作成ができます。
国際的な取引を行いたい人や、オンラインカジノの入出金手段として人気です。

日本の銀行への出金も可能で、国際送金の他、収納代行業者を通したスピーディーな出金もできます。
手数料や銀行の国際送金の対応状況によって使い分けることができるのです。

エコペイズの手数料の話しをまとめました。

開設手数料無料で年会費もかからない

開設手数料無料で年会費もかからない
エコペイズのアカウント作成は無料で、年会費もかからないのが特徴です。
必要に応じて入金を行い、好きなタイミングで引き出すことができます。
ドルやユーロ、円などさまざまな外貨に対応していて、通貨ごとに口座が作れるのも特徴になっています。

エコペイズのアカウント管理で重要になるのが本人確認です。
エコペイズは国際的な送金に利用できるため、テロや犯罪を防止するための確認を徹底しているからです。
本人確認ができなければ銀行への出金や、各種送金に大きな制限がかかります。
決済サービスとして機能させるためには身分証明証を提出した上で、電話番号確認などの各種手続きを済ませる必要があります。

本人手続きが終わると、アカウントクラスのグレードアップが可能です。
出金時や送金時、通貨同士の交換時に手数料がかかりますが、それ以外は無料で利用できるのがエコペイズの魅力になっています。

また、アカウントクラスが更にグレードアップするとエコペイズ間の送金手数料が無料になる、通貨交換時の手数料が安くなるといったメリットがあります。
取引状況やアカウントの保持期間でアカウントクラスが変わるため、手数料を節約したいのであればグレードアップを目指すのもおすすめです。
エコペイズの招待特典などを利用し、はじめから高めのクラスでアカウントを作成する方法もあります。

12ヵ月以上取引がないと維持費用発生

12ヵ月以上取引がないと維持費用発生
エコペイズは年会費が無料で、入出金や送金時の手数料で運営されています。
アカウント作成、年会費が無料なのは手数料が見込めるからです。

裏を返せば全く使われないアカウントは防犯上のリスクになり、お知らせやデータの保全のためのコストがかかることになります。
海外では使われなくなったアカウントに維持費を請求することがスタンダードで、エコペイズも例外ではありません。
12ヵ月以上全く取引がない状態になると、毎月1.5ユーロの維持費が口座の残高から引かれるようになります。
長期間取引を行わない場合は、口座の残高をゼロにするのがおすすめです。

また、アカウントが休眠状態とみなされないように小額の送金を行う、入金を行うのも方法です。
アカウントにログインするだけではなく、送金や入金、出金などの取引実体があることが重要になります。
ゴールドクラス以上のアカウントになるとエコペイズ間の送金手数料が無料になるため、小額のやりとりで維持費を節約するのも方法です。

日本の銀行とやりとりする場合の注意

日本の銀行とやりとりする場合の注意
オンラインカジノを主に使う場合、エコペイズの利用方法はオンラインカジノからの出金先、日本の銀行への出金に使われます。
クレジットカードを持っていない場合や、オンラインカジノでクレジットカード使いたくない場合は、エコペイズに銀行から入金するのも選択肢です。

注意したいのは出金や振込の方法です。
エコペイズはイギリスの企業が立ち上げたサービスで、通貨はユーロがベースになっています。
そのため、エコペイズの出入金は国際送金を行うか、収納代行業者を挟むローカル送金を利用するか選ぶことになります。

国際送金のメリットは、手数料が固定のことが多い点です。
送金する銀行、受け取る側の銀行事情で更に手数料が発生することがありますが、比較的安価で済むケースが多くなっています。

デメリットになるのが送金に時間がかかることです。
送金は1週間以上かかるのが当たり前になっています。
また、国際送金時に送金の理由を厳しくチェックする銀行は珍しくなく、状況によって受取を拒否されるケースや、余分に時間がかかるケースもあります。

収納代行業者を挟むローカル送金は、出入金が非常に早いのがメリットです。
同じ国内の業者に依頼するため、国際送金よりもトラブルにあう確率を減らすことができます。

デメリットになるのが、最低手数料が高くなりがちなことです。
例えば、日本の銀行に出金する際は最低15ユーロの手数料がかかります。
手数料は変動式で、15ユーロか、出金額の1%か、どちらか高い方が選ばれます。

1,500ユーロ以上の出金をすれば手数料が最低限で済むので、出金時はまとまった額にするのがおすすめです。
安い手数料を維持するために国際送金に厳しく対応する国内銀行もあるため、トラブル防止の観点からもローカル送金をメインに使うのがおすすめです。

放置しなければ維持手数料も無料

エコペイズはアカウント開設が無料で、12ヵ月間全く取引がない状態にならなければ余分な手数料もかかりません。
休止状態になっても口座の残高がゼロであれば請求されないことになります。

解約することも簡単なため、口座開設のリスク自体が低いのも魅力です。
アカウントクラスのグレードアップなど、その他手数料を節約する方法もあります。

オンラインカジノを楽しむ場合はエコペイズの口座があると便利なため、気軽に作ってしまうのも方法になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です