ネットカジノのプレイで違法性を問われぬよう覚えておきたいこと

ゲーミングライセンスを所持するネットカジノで遊ぶこと自体に違法性はありませんが、そもそもネットカジノはグレーゾーンだということを忘れてはいけません。
グレーゾーンですので違法ではありませんが、法律が存在しない以上合法でも無いのです。
場合によっては、ネットカジノで遊んだことで違法性が問われ、逮捕されてしまう可能性があるということを覚えておきましょう。

そこで今回の記事では、ネットカジノのプレイで違法性を問われないように覚えておきたいことについていくつかご紹介していきます。
「知らなかった」「聞いていなかった」では決して済まされないことですので、安心安全にネットカジノで遊ぶためにも、是非参考にしてみてください。

ネットカジノのプレイを公にしない

ネットカジノのプレイを公にしない
法律が存在するからこそ違法性が問われるもので、法律に何も明記が無ければ違法性はもちろん、合法性も問われることはありません。
そのような立ち位置にあるものがグレーゾーンであり、ネットカジノもこれに該当します。
グレーゾーンだからこそ、ネットカジノのプレイをTwitterやInstagram、その他SNSで公にするのは避けた方が無難です。

「違法なことをしているわけではないから大丈夫」と思われるかもしれませんが、実際に過去に行ったスマートライブカジノ事件では、このSNSへの投稿によって個人が特定され、プレイヤー3人が逮捕されているのです。
ネットカジノは決して違法ではありませんが、警察に誤解を与えないよう、SNSへの投稿は控えるようにしましょう。

国内拠点のネットカジノで遊ばない

国内拠点のネットカジノで遊ばない
ネットカジノは、合法国の政府やその関連機関から発行されるゲーミングライセンスを所持していれば合法で運営可能ですが、それは海外の話です。
日本の法律上、ネットカジノを国内で運営するのはれっきとした違法行為であり、常習賭博罪や賭博開帳図利罪などで摘発対象となります。

このような日本拠点のネットカジノで遊ぶことで、プレイヤーも逮捕対象となることがありますのでご注意ください。
その典型的な事件がドリームカジノ事件と呼ばれるもので、キュラソー島のゲーミングライセンスを所持した胴元を日本国内に置いていたのです。

もちろん胴元5人は逮捕され、執行猶予付きの懲役刑、及び罰金刑を受けています。
ドリームカジノ事件でも顧客リストからプレイヤーは特定されましたが、幸いにも逮捕には至らず、警察から厳しく指導を受けただけのようです。
しかしドリームカジノ事件では見逃されましたが、今後同じようなことが起こった場合、最悪逮捕されてしまう可能性は十分に考えられます。

自分のアカウントを他人に使わせない

自分のアカウントを他人に使わせない
ネットカジノで遊ぶ際、最初に必ずアカウントを作成しますが、これを友人や知人などの第三者に使わせてはいけません。
ネットカジノのアカウントというのは、作成した本人のみに有効であり、第三者に使わせるのは、ネットカジノの規約違反となります。

それだけでしたらまだしも、最悪の場合、日本の法律によって賭博罪が適用され、逮捕されてしまう可能性があります。
アカウントだけを貸して、元々入金してあった自分のお金を使わせてネットカジノで遊ばせ、そこで勝利した時に勝利金を手渡すのは完全違法行為です。
アカウント所持者が賭博を開帳したと見なされるからです。
現金のやり取りが無かったとしても、第三者に賭博をさせたと「見なされれば」、違法性が問われることもありますので、絶対にアカウントを第三者に使わせないようにしましょう。

漫画喫茶やネットカフェで遊ばない

ネットカジノというのは、自分が所有するパソコンやスマホを使ってプレイすれば違法性はありませんが、漫画喫茶やネットカフェに置いてあるパソコンを使うのは止めておいた方がいいでしょう。
確実に違法というわけではありませんが、もし漫画喫茶やネットカフェでネットカジノにアクセスしてしまうと、その時点で賭博の場所を提供していると見なされる可能性があります。
つまり店側に迷惑をかけることになりますので、漫画喫茶やネットカフェでネットカジノをプレイするのは止めましょう。

まとめ

今回の記事では、ネットカジノのプレイで違法性を問われないように覚えておきたいことについて4つご紹介させていただきましたが、現在や過去に思い当たるフシはありませんでしたでしょうか?

ネットカジノは法的にグレーゾーンなのですから、ちょっとした勘違いや知識の無さが原因で、違法性が認められてしまう可能性があります。
ネットカジノのプレイを公にしない、国内拠点のネットカジノで遊ばない、自分のアカウントを第三者に使わせない、漫画喫茶やネットカフェで遊ばない、最低限以上の4つは必ず覚えておくようにしましょう。

またゲーミングライセンスを持たない違法ネットカジノへ登録するのは論外であり、違法性どころか、様々な不正行為によって大切な資産や個人情報が盗まれてしまう可能性もあります。
必ずゲーミングライセンスを所持している海外拠点の大手ネットカジノで遊ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です