賭博罪成立の要項を理解する

オンラインカジノの安全性を保証するライセンス

オンラインカジノの安全性を保証するライセンス

時折、違法カジノを摘発したとのニュースを見聞きすることがあると思います。
こうした違法カジノという言葉が先行し、オンラインカジノも違法であるように思われがちですが、違法カジノとして摘発されているのはインカジです。
インカジというのはインターネットカジノの略称なのですが、同じくインターネットを表すオンラインカジノとはまったくの別物です。

まず先にオンラインカジノについて説明すると、オンラインカジノはカジノ合法国よりライセンスを受け運営しています。
賭場がインターネット上にあるというだけで、実際のカジノと同じ扱いを受けているギャンブルです。
実際にライセンスを発行するのはカジノ合法国の政府なのですが、国から認可を受けていると考えても問題はないでしょう。

国が認可しているギャンブル。
日本でいえば、競馬や競輪などがそれにあたります。
競馬、競輪は古くからあるギャンブルですが、そこには不正を働ける余地はまったくありません。
公平なギャンブル性を維持するために、レースにハンディキャップ制を取り入れたりと、様々な工夫が施されています。

賭博罪成立の要項を理解する

日本発祥のオンラインカジノは存在しないため、まだ日本人はオンラインカジノに対してあまりよく知りませんが、オンラインカジノも日本の競馬や競輪のようにいつでも公平なギャンブルを提供しています。
そのため、日本の競馬、競輪同様に、誰もが親しみを持てる身近なギャンブルとして高い人気を得ています。
何より政府発行のライセンスですから取得もかなり高難度となっています。
資金に余裕がある企業でもライセンスの審査をクリアできない場合も多くあり、運営に漕ぎ着けるまでにはかなりの苦労と企業としての高い信頼性が必要となります。
こうした難易度の高い審査を潜り抜けた企業が提供しているギャンブルなので、オンラインカジノは安全性が高く安心して遊ぶことができます。

インカジだけが違法と言われる理由

それではもう一つのインターネットを利用したカジノであるインカジはどうなのかというと、まずオンラインカジノが持つライセンスを持たずに運営されています。
ライセンスが無いということは、ゲームの操作もできれば、払い戻しの制限・中止など不正行為を自由に働くことができるということです。

しかもインカジはどこの国のどの企業、会社が運営しているかも伏せられているので、提供する側の情報はまったくもってわかりません。
中には、初めから不正に利用者の資金を搾取することを目的としたインカジも少なくはないので、結果的にインカジで勝てるのはサクラ以外にいないでしょう。

また、インカジは第三者が斡旋し利用することになります。
こうした斡旋による公営ギャンブル以外のギャンブル行為は賭博罪にあたります。
違法ギャンブルと知らなかったとしても、その場でお金を賭けてギャンブルを行っていた場合、胴元共々逮捕されることになります。

その点オンラインカジノは、斡旋により利用するわけではなく、基本的に個人で利用することになります。
何よりオンラインカジノサーバーは海外にあるので、日本にいながらゲームをプレイしても海外での利用と見なされます。

これはカジノ合法国に海外旅行に行きカジノでギャンブルを楽しむのと同じことになるので、オンラインカジノはインカジと違い賭博罪により処されることはありません。

国内業者が関与した場合は違法

国内業者が関与した場合は違法

オンラインカジノは海外のギャンブルであり、海外のプレイヤーをターゲットにしているため利用しても賭博罪にはあたりません。
ですが、これが日本人をターゲットとしていた場合は話は別です。
日本人をターゲットにしていた場合、合法とされている公営ギャンブル以外のギャンブルを利用したと見なされる可能性が高くなるので注意が必要です。

何より一番に気をつけたいのが、国内業者が関わっていないかどうかです。
たとえば、海外で安全性、信頼性共に評価の高いオンラインカジノであっても、その決済に国内の決済業者を利用した場合は賭博罪に問われる可能性が非常に高くなります。
過去には、日本人がオンラインカジノの決済を代行していて実際に逮捕された事件もあります。
NetbanQ事件と呼ばれる事件で、この時は決済代行会社だけではなく、一部のプレイヤーにも捜査のメスが及びました。

また逆に逮捕されながらも不起訴となった事件もあります。
スマートライブカジノというオンラインカジノを利用していたプレイヤー3名が逮捕された事件ですが、この3名の中の1名は提案された略式起訴を退け、裁判まで持ち込みました。
その結果、検察側はオンラインカジノの現在の在り方では賭博罪で有罪にすることはできないと判断し不起訴処分を下しました。
この不起訴処分の背景にはもちろん、国内業者が関わっていないということが挙げられます。

このような過去に実際に起こった事件からもわかるように、国内業者が関わっているかどうかが賭博罪に処されるかどうかの大きな鍵となります。
その為、オンラインカジノで遊ぶ場合は、必ず国内業者の関わりを確認し、第三者の仲介を受けず個人的な利用とするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です