オンラインカジノのメリットと法律

ゲーム数が多いので自分に合ったゲームを見つけられる

日本で身近なギャンブルであるパチンコ店の場合も色々なパチンコ、スロット台がありますが、それでも機種は多くて数十種類がいいところです。
そのため、自分が得意とする台が置いていないこともありますし、時間帯によっては自分の打ちたい台が空いていないこともあります。

しかしオンラインカジノにはポーカーにブラックジャック、ルーレット、バカラ、クラップス、スロットマシーン等々、オンラインカジノは本物のカジノさながら多くの種類のゲームが揃っています。
さらにはポーカー一つとっても、テキサスホールデムポーカー、カリビアンポーカー、オアシスポーカー、トリプルエッジポーカーなど特別なルールが設定されたポーカーがあり、こうしたルール違いのゲームも合わせると、そのゲーム数は数百種類もあります。

これだけの種類のゲームがあるので、必ず自分の得意とするゲームが一つは存在します。

自分の得意とするゲームを見つけられれば、攻略もスムーズにいき勝てる確率が高くなります。
そして、オンラインカジノはいつでもプレイしたいゲームをプレイすることができます。
混み合っている時間帯であるからといってそのゲームをプレイ出来ないということはありません。
待ち時間もありませんし、プレイしたいその時に即プレイすることが出来ます。

好きな時にライブでゲームを楽しめる

オンラインカジノで人気のゲームといえばライブゲームです。
実際に画面の向こう側のディーラーと勝負することが出来るので、オンラインといえどリアルカジノと同じようなスリルと興奮を感じながらプレイすることが出来ます。

最近は競馬や競輪をはじめ公営ギャンブルもライブで観戦しお金を賭けることができますが、オンラインカジノは年中無休24時間営業のため、公営ギャンブルのように曜日や時間を選ばないので真夜中でも朝早くでもいつでも好きな時間にライブゲームを楽しめます。
そして、オンラインカジノはディーラーを自分で選択できるので、男性ならば美人でスタイルの良いディーラーを、女性ならばダンディでスリムなディーラーをと、自分の好みに合ったディーラーのテーブルに着くことができます。

こうした自分好みのディーラーを選べるという楽しみからライブゲームを選択している方も多くいます。
選べるディーラーの数も多いので、ゲーム同様に自分好みのディーラーを見つけられるでしょう。
また、ライブゲームというとパソコンからでしか利用出来ないように思われがちですが、オンラインカジノのライブゲームはスマホからもアクセス出来るので、家の外にいてもライブゲームを楽しむことが出来ます。

オンラインカジノにまつわる法的判断について

オンラインカジノにはこのような沢山のメリットがあるのと同時に、よくニュースなどで逮捕された等の報道を見ることがあります。
しかしながら、実際の所オンラインカジノは違法ではないのです。

ではなぜオンラインカジノに関する検挙や逮捕などの報道がされるのか、その点についてお話したいと思います。

オンラインカジノの摘発について

オンラインカジノとインカジはよく一緒にされがちですが、まったく異なるものです。
ネットカフェで、オンラインカジノが提供されているインカジは首都圏の繁華街を中心に営業されています。
これらの二つは、どちらもオンラインカジノなので、一緒にされがちなのですが、実は大きく異なります。

インカジは摘発が相次いでおり、2006年には京都のインカジが実際に摘発されました。
オンラインカジノは、もともと合法国によって合法的に運営されていて、日本の法律だけで裁くことができないということから、今迄も摘発されることはほぼなく、黙認されている状態です。
しかし、インカジは、国内で精算が成立されているということもあり、立派な賭博罪になります。

個人が自宅でプレイをするのとは全く異なり、逮捕の対象となってしまうのです。

海外のオンラインカジノでも、国内で清算が成立されているかどうか

このように、オンラインカジノも、インカジも同じ海外のオンラインカジノでプレイをする分には変わりはないのですが、国内で金銭のやり取りをしているかどうか、胴元が国内にあるかどうかの違いがあります。
海外のオンラインカジノでも、国内で現金に生産してくれるという形態のカジノカフェは、当然ながら、国内で賭博が成立しているということになります。
したがって、店主はもちろんですが、足を踏み入れたプレイヤーも同時に逮捕ということもありうるので、けして足を踏み入れないように注意をしましょう。

個人でプレイをする分には問題はないの?

オンラインカジノを個人で自宅でプレイする上で問題はないのかという疑問がここで生じてきます。
しかし、個人でプレイをする分にはそれほど問題はないといえるでしょう。
このようなインカジの摘発は、カジノカフェにおいて海外とプレイヤーを結びつける役割を果たしているので、まったく別の形態になります。
したがって、個人で自宅でプレイをする場合、これを違法と断じることは難しいのです。

インカジとオンラインカジノは別物であると知っておく

インカジとオンラインカジノは、このように完全に別物ですので、そのあたりは混合しないようにしましょう。
ニュースで報道されるたびに、オンラインカジノは違法なのではないかと不安になる方もいますがそのあたりの説明はされていないことが多いです。

しかし、ネットで遊べるオンラインカジノそのものが違法というわけではないので、このあたりは安心しておいて良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です