興亡を繰り返すカジノカフェ

カジノカフェ

カジノカフェは、多くが突然営業を始めたかと思えばいつの間にか閉店していた、と言った状態を繰り返しています。営業していることが知られることはほとんど無く、将来的に逮捕や摘発によって閉店に追い込まれている、もしくはそれが近くで起こっているので危険と察知して自主閉店していることが多いです。あまりその場で長く営業していることは少なく、転々としていることが多いのです。

営業しているとは知られない

闇営業

突然カジノカフェとして営業を開始している場合でも、そのことを知られることはほぼありません。知られているなら結構な問題になり、すぐに摘発されてしまいます。警察に気づかれることを相当気にしている部分もあるので、そうした状態にならないようにこっそりと作るようにしています。そして客を何とかして勧誘してすぐに遊べるようにし、稼げるようにしています。
こうして徐々に稼ぎを増やすようにしています。あまり稼ぎが貰えないような状態にならないように、少しでも稼げる方法をしっかり作って対応しています。徐々に客足が伸びてきて、勝手に来てくれるようになるとカジノカフェは継続した利益を貰うことができます。

摘発は突然訪れる

カジノ摘発

このようないい状態が続いているわけでもありません。一定の売上を上げることによって、警察から目をつけられるようになり、明らかに怪しいと思われるようになります。そして実際に調査を進められている間に摘発のタイミングが生まれて、摘発されてしまい逮捕されてしまいます。売上がいい状態になっているところのほうが、圧倒的に厳しい判断をされてしまいます。
そして摘発されてしまえば運営者として逮捕されることになり、カジノカフェは閉鎖されてしまいます。利用していた人は多くいたと思われますが、全てのユーザーが対象になることはなく、基本的にはその場にいた客だけが逮捕されることになります。

摘発されたカフェはすぐに消える

カジノカフェは他のカジノカフェが閉店していることがわかった、摘発されている情報を掴んだ時点で怪しいと考えており、すぐに消える準備を進めています。このまま続けていると自分も捕まると判断している時には、そうした状況を作らないようにします。
勝手に消えていることが多く、突然ここにあったオンラインカジノが無いなどの状態になります。カジノカフェは勝手に消えてしまうものと考えてもいいですが、ある程度情報を共有しているところもあり、それらの情報を知った時に突然いなくなることも多いです。